安倍晋三氏 難病の潰瘍性大腸炎とは?

9月26日に行われた自民党総裁選で、決選投票にて安倍晋三元首相(58)が、石破茂前政調会長(55)を破り、第25代自民党総裁に就任されました。

 

しかし安倍晋三氏、参院選の敗北と、ねじれ国会にたいして辞任をせず総理の座を居続けていたのですが。数ヶ月後の2007年9月の臨時国会開催中にいきなりの辞任。

 

病気が原因の体調不良という事で説明をされていましたが、
「無責任の極み」と野党から大変に非難されていました。

気になる病状に関して安倍氏は、
「画期的な新薬が登場し、すっかり難病を克服することができた。今は心身ともに健康だ」
と言ってますが、安倍氏が患った「難病」と、それを克服することが出来た「新薬」とは
いったいどんなものなんでしょうか?

これらを簡単にまとめてみました。
安倍晋三の辞任の原因となった潰瘍性大腸炎

 

 

「潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)」について

 

大腸粘膜が炎症を起してただれてしまい、
びらんや潰瘍(かいよう)ができる病気。

原因不明で、治療にも抵抗性があることから
厚生労働省に難病指定されており、医療費の公費負担対象になっている。

潰瘍性大腸炎は、もともと欧米人に多く日本人に少ない病気だったが、
近年、患者数は10万人を超え、毎年5000人ずつ増えている。

食生活の欧米化などが原因ではないかと言われている。

【潰瘍性大腸炎の症状】

代表的な症状は、血便、粘血便、下痢、腹痛。

ひどくなると、体重減少、貧血、発熱が現れる。

主に粘血便と下痢で病気を自覚するケースが多い。

潰瘍性大腸炎は、一度良くなったように感じても、
数ヵ月後~数年後に悪化することがある。

 

【治療法】

【軽症の場合】

外来での治療が可能。

5-ASA製剤、副腎皮質ステロイド薬の内服
又は、これらの薬剤を坐薬、注腸製剤にしたものを肛門から入れる。

【重症の場合】

入院し、5-ASA製剤に内服に加えてステロイド薬を静脈内投与する。

絶食が必要となる為、中心静脈栄養が必要になる。

ステロイド治療で効果が得られない場合は、白血球除去療法を用いる。

白血球除去療法とは、炎症の原因となる白血球を
フィルターで取り除いてから体内に戻す治療法。

これらの治療で症状が改善されず、依然として激しい症状が続く場合や
何度も悪化して社会生活に支障が出る場合は、
大腸摘出手術が必要になる。

 

 

この潰瘍性大腸炎は難病に指定されているほどの重病です。
しかし現在では適切な治療を受けることができれば、かなり症状は安定するようです。

 

しかし肉体的・精神的ストレスは病気を悪化させる要因になるため、ストレスを受けないようにするのが大事のようです。やはりストレスは身体に毒ですね。

 

安倍氏も潰瘍性大腸炎の症状が悪化していたときは、なんと1日に30回以上もトイレに行くようなひどさだったようです。これでは国会議員として国会や各種会議はもちろん、電車に乗るなどの生活面でも大変そうですね。

 

しかし病気が安定期に入っているのは本人にとっても幸いですが、
多大なストレスがかかるであろう総裁、また総理大臣を勤められるのでしょうか?

 

その点はやはり不安があります。
無事、立派に総裁を勤め上げて欲しい物です。

 

 

 





このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年9月29日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ニュース

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ