柴咲コウ『ガリレオ』新作を降板 なぜ理由は?

東野圭吾 原作で大ヒット作品のガリレオ シリーズ。
ドラマ映画との人気で、私も大好きです!

 

それで福山雅治が主演したドラマ『ガリレオ』(フジテレビ系)の映画化の2発目の『真夏の方程式』が来年初夏に公開されるようです。前回の作品『容疑者Xの献身』から約5年ぶりですね。

 

しかしこのヒロイン役を巡って、柴咲コウと吉高由里子がなにやら争っているようです。

関係者曰く、「今回も主演は福山ですが、ドラマ版や前作の映画でヒロインを務めた柴咲の名前が企画書や台本から消えていた。柴咲が降板した代わりに、福山と同じアミューズ所属の吉高がヒロイン役に抜擢されたようです」

 

役の降板を聞いた柴咲コウは激怒したようです、そのあてつけに代役となった吉高の悪口を周りに言っているようです。しかしその悪口の噂を耳にした吉高も怒り応戦。女同士の醜い争が繰り広げられてるようです。

 

この紛争にたいして、「トラブルになることを恐れ、業界ではすでに共演NGリストに入れられた」と(週刊実話)は報じています

 

 

しかしなぜ柴咲の降板させられたのでしょうか?。じつはそに理由は織田裕二が関係しているとの事

 

関係者「今作では、織田が事件にかかわる重要な役どころで出演するようです。織田が主演した映画『アマルフィ 女神の報酬』『アンダルシア 女神の報復』に福山が特別出演していますが、そのお返しといったところですね。その織田と柴咲が共演NGのため、彼女は降板になったようです。『真夏の方程式』の監督は織田と親交の深いフジテレビの西谷弘氏ですから、柴咲が外されるのは既定路線でした。監督は『ガリレオ』シリーズも前作の映画も手掛けていて、できれば柴咲続投を望んでいたようですが、今回は結局、織田を取ることになったようです」(前同)

 

織田裕二 or 柴咲コウという選択だったのですね…

 

二人の因縁が始まったのは2年前。映画『アマルフィ 女神の報酬』の続編ドラマ『外交官 黒田康作』のようです。平均視聴率10.1%という大惨敗に加え、連ドラ主演作初となるヒト桁視聴率という哀しい結果…

 

「初めてヒト桁を記録した第五話以降、収録中にイラ立っていた織田は『何か、違うんだよ』と柴咲の演技を責めたてた。役者であるにもかかわらず演出に口を出し、最終的に織田は自分のセリフを増やして柴咲のセリフを一部カットしてしまった。これに激怒した柴咲は、同ドラマのスピンオフ映画『アンダルシア~』の出演をドタキャン。この一件で遺恨が残り、両者は共演NGになっています」と芸能関係者は言います。

 

織田裕二は演義に熱いとは聞きますが…

 

なんだが二人の喧嘩に巻き込まれ怒りの矛先を向けられた吉高さんが可哀想ですね…





このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年9月29日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ニュース

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ