「バイク王」査定は帰らない?体験談とか

「バイク王」は帰らない?体験談とかについて。

 

アメトーーク!などでおなじみ雨上がり決死隊がCMをやっている事で
有名なバイク査定・買い取りのお店、バイク王。

 

 

しかしなにやらこの査定がひどい悪評がたっているようです…
真実なのでしょうか?

 

検索ワードで「バイク王 帰らない 体験談」で 話題に
なっているので調べてみました 。

 

まず「バイク王 評判」で調べて出てきたことをまとめました。
バイク王は評判悪いのは本当?

「知り合いがゼファー750を売りました
価格はネットで全ての評価を最低にした査定よりも
さらに15万ほど低かったようです。
過度な期待はしない方が良いです。」

 

 

「ぶっちゃけた話…
『実際に呼んだら分かる』よw
アイケイ(バ★ク王の母体の会社)が客の足元を見て買い叩いてくる様をw
アナタが思った査定以下の額を提示された時に、
『帰れ!!』と強気に出れない気質なら利用しない方がいいです。」

 

 

 

「見積もりだけしてもらいましたが、そんなに嫌な印象ではなかったですよ。
査定のほうも、事前に調べておいた同車種同レベルの中古販売価格から
経費分を引いたくらいで妥当な線でしたし。

私の場合は希望額が相場より高かったので、相場より高く
買ってくれるなら売るという気持ちがありましたので、
売らなかったのですが。

まぁ、向こうも買う気満々で出張してくるわけですから、
「売ってくださいトーク」には呼んだ手前付き合う必要がありますし、
プロ相手に相場も知らずふっかけるようなことしなければ、
あまり不快なこともないかと思います。」

 

 

 

次はこちら 価格comのバイク王の買い取りの口コミです

 

 

バイク王に原付バイクを査定してもらったんだけど
オンライン査定と比べるとかなり開きがあった
買取額はこの位かなぁというぐらいで取ってもらったけど
最初の査定額は思いっきり低い値段を出してくる(2万円)
交渉で3万5千円この位なら妥当と思いました。
オンライン査定で最悪の状態で出しても3万4千5百円買取り額2万円
もう1台が4万8千円買取り額1万5千円
かなりアバウトだと思うしょせんオンライン査定、期待をして損した気分
バイクにもよりますが・・・
あと、自分で修理しないで出してほしいとかと書いてあったので、シートの縫ってある糸がほつれていたのでそのまま出したら査定に響いた自分で修理できるところは、やっておけば良かったと思った。
傷がつくのできれいにしないで出して
と書いてあったので、しないでいたらエンジンナンバーが見えなくて結局そこだけだけど掃除した。
それと、レースやサーキット走行会車を見極めるため?レースに出でいたのですか?とか世間話の様に聞いてきた。今回は、少し勉強になったと思う

 

 

 

「オンライン査定は詐欺みたいなものですよね。

私も買い替えよかな~と思い査定に出しましたが、話になりません。マイナス評価でオンラインで見積もりして、
これならと思い、店頭に持っていったらケチをつけられ気分害すること間違い無しです。
オンラインの半分以下でした。

査定はレッドバロンが一番良い値段だしてくれました。

だた、買取と、下取りとはちょっと値段が変わるかもしれませんね。
結局、買取には出さずに今のバイク乗り続けています。

バイク王にふざけるなと言いたいです。
CM見るたびにムカついてきます。」

 

 

体験談や口コミを総括しますと

・ネット事前見積もりは当てにするな! 餌のような物
なんだかんだほぼ新車レベルの値段がだされる。
実際にはそれよりもかなり下がる

・下取りの現場では、まず最初にかなり低い値段が提示される
これは交渉を見越してのこと

・ 買い取り出張・持ち込みの両方で、かなりしつこく食い下がられる
強気で対応出来ない人は帰れない、帰らない、引き下がってくれないので注意!

 

と行った具合ですかね。
結構バイク王の下取りの体験談が転がっていました 。

 

それらではバイク王の悪評というよりも
「ネット査定と違うじゃん!むかつく!」といったレベルで
「まぁよくよく考えればそんなもんだよね、世の中」
といった冷静な意見が多かったです。

 

帰らないっていうのは、かなりしつこく食い下がられると言うことなので、
体験談・口コミでも指摘があったのですが。
「強気で対応する、もしくは友達何人かでいく」 のが良さそうですね〜。

 

以上が「バイク王 帰らない 体験談」の実態でした

 





このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年9月5日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ニュース

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ